07.August.2017

すべての雑貨

zakka.jpg


すべての雑貨

西荻窪にある雑貨店「Fall」の店主による1冊。
「雑」という、「その他諸々」というようなニュアンスを含んだ「雑貨」というジャンルにあらゆるものが飲み込まれていっている現象を、「雑貨化する世界」と表現している。なるほど。

Fallが開店したのが2005年。(偶然ながらこのブログを始めたのもその年です)当時はスマホもFacebookもTwitterもなく、今に比べればまだまだ雑誌が売れていて、それどころかデザイン界隈はイベントと雑誌メディアの共犯関係のなかで絶えず話題を提供されていて、私も毎年10月にはきゃっきゃ言いながら青山や六本木をぐるぐるしてました。
そんな頃に小さな店を開いて、以来その店から見えてた風景は、われわれ客側が見てたものとはすこし違って、当然ながらその風景の中には、きゃっきゃ言いながら回ってた人たちも含まれていて、店を経営してる身にしか分からないであろう切実なことも含まれてるからなのか、少しシニカルにも感じます。

描写されてるのは主に店の中でお客さんと日々接する中で起きていること、あるいは業界的なことだったりしますが、それが間接的にこの期間に起きていた、デザインとか民芸とかライフスタイルとかそういう界隈で起きていたことの考察だったりもします。ひとつひとつの出来事は店をやっていれば日常の、ほんの些細なことですが、その背景をひもとくために、近代史も文学もインターネット黎明期の現象も飛び出す、その引き出しに驚きます。しかしそういった考察の積み重ねが、記号化され、消費されてきたゼロ年代以降に対する分析とも言えます。「雑貨化された世界」というのが「記号化」とだぶってくる。
実際、ある時期メディアでもてはやされた言葉や当時のキープレーヤーの名前も出てきますが、それも10年ちょっとの間で、2017年の今現在において続いているもの、言われてやっと思い出す程度に忘れ去られてるもの、いろいろあることに気付かされます。わりと近いところで、同じような世界を見ていたと思い込んでいたけれども、見えてたものは違うものだった、というのは立場が違う以上当たり前のこととはいえなかなかに衝撃的でした。

そしてこうやって、すこしの懐かしみを持ちながら過去形でゼロ年代を語り、総括できる時代になってしまったのだなと思いました。今思うとゼロ年代後半からの数年間は活気があったけれども、残らず消費されてしまったものを鑑みると、変なバブルだったとも言える気がします。SNSという「残らない個人メディア」が台頭して雑誌が減り、マスな影響力を持つものが減ってきた今にして思うと少し異常だったようにも感じます。
ほんの少しだけ前の時代にもてはやされたものが、その後どうなっているのか、最前線ではどう映ってたのか、ものすごく冷静で現実的な批評でもあります。デザインやってた人とか読んだ方がいい。
at 00:14 | Comment(0) | book and music

27.July.2017

ケータイの形態学

GOOD DESIGN Marunouchiで開催されてる「ケータイの形態学展」へ。

audp.jpg


au Design Projectが15周年というのはいろいろと感慨深いものがあります。
展示内容は最初のコンセプトモデルからこれまでに発売されたもの、実現できなかったものが時系列で並んでいて、実現できなかったものにもその背景をキャプションから読め、そのことが「そんなに単純ではない」ことを伺わせます。
その、時系列に並んでる展示自体がいろんな意味でゼロ年代を表しているように思えます。今見てみると、まだiOSもAndroidも存在せず、OSという概念がパソコンの中だけにしかなかった時代だから、端末の形態でできたことがあったとも読めます。当時大学生だった私は突如として現れたコンセプトモデルに胸躍り、雑誌をむさぼるように読んでたし、いくつかは手にしました。なつかしい。

実現しなかったコンセプトモデルの中には、今回初めて見たものもあり、いくつかは今、2017年においても実際に使ってみたい、そのままが不可能だとしてもちゃんと踏襲した路線で製品開発してほしかった、と勝手ながら思ってました。その一方で、ゼロ年代後半からデザインイベントに合わせて、話題性をもってメディアに発表するためのコラボという方向に行ってしまったものも同じところに並んでいてます。一方をやったからもう一方ができなかった、なんて単純な話ではないにしても、その時代に提案したものが10年経って、何が残って何が空費されたのか、なんでこれを通信会社がやったのかということを考えさせられます。

展示で時系列を見ていくと、テンキーの有無とかOS対応とかQWERTYキーボードを無理して入れてみた、あるいは震災やアイスランド火山の噴火という局面で使い方が大きく変わった、といういくつかの転換点があったように見えます。結局どう転んでもiPhoneに収束されるのが歴史の必然だったとしても、王道をいってると思わせてくれるものがお蔵入りしてしまったのを見ると、ゼロ年代の雑誌とイベントがバブル状態で、それで多少狂ってたんじゃないかとも思えてしまいます。実際の理由ははタイミングだとか、環境的なこととかちょっと違うところなのだろうけど。

これを見ながら思い出してたのは、3月に解体直前のソニービルでやってた展示。あの一角にも歴代端末が並んでたけど、できるならば同じところに並べてみたい。

08.July.2017

地元と呼べる範囲は意外と狭い

買い物ついでに少し先まで足を伸ばして、ひさしぶりの多摩サイ、そして日野駅。
橋を渡るとアウェー。というのは普段滅多に行かないからなのだけれども。

駅前のイベントで、東京にしがわ大学で以前一緒にしてた方とひさしぶりに立ち話。それぞれ活動の軸としてるところを変えたことで、思うところはそれぞれ。地元のごく狭い範囲でリスクと責任を引き受けながらやってる活動の話を、当然その中の人間関係は濃密になってるだろうとおもいながら聞いてました。

大きい枠組みでやることにはそれだけ影響力もあるし、いろんなメリットもあるのだけれども、どこかビジネスライクになったり、事務的な作業も生まれれば把握し切れない範囲も出てくるし、場合によっては「すべてがアウェー」みたいな事態にもなりえる。そういう把握してないことに対しても、主催側としての振る舞いを求められたりもして、それをつらく感じる人も中にはいたりもする。同じ趣味の集まりがスピンアウトしてできて、そっちの方が熱量を持ってたりするのって、把握できる範囲で純粋に楽しんでいたい、ということが半分くらいは無意識に働いてるんだと思う。そういう組織の細分化は宿命みたいなものなのかもしれない。

ここに限らず、数年前の同じ時期に同じところで活動してた人たちが、なにかのきっかけでそれぞれ自分の「地元」と呼べるところ、半径数百メートルくらいの範囲でやり始めてるのが面白い。
これだけを切り出すとにしがわ大学の活動は失敗だったのかと思われるかもしれないけれども、それがなければそれぞれ個々の活動も生まれないし、培ったノウハウも生かされてるし、東京にしがわ大学だってメンバー入れ替わって続いてる。そういう事例を目の当たりにすると、これって失敗ではなくそれぞれが「卒業」しているというただそれだけのことじゃないかと、そんなことを思いました。
それに何より、何もないところから立ち上げたことは偉大ですよ。