20.August.2014

信号機

tsignal.jpg


青森の田舎町で見かけた信号機。
LEDへの切替は数年前からどこかしこでやっているのでそれ自体は珍しくもなんともないのだけどこの潔さ。
聞くところによると、積雪対策で縦長が標準だったのだけど、この薄さならば横長でも問題ないとのこと。なるほど。
町内唯一の信号機がこれ、というインパクトは凄い。

22.January.2014

町には本屋さんが必要だ

bookshop.jpg


しばらく行ってない間に清澄白河から現代美術館までの道中に古本屋さんが増えていた。そのどれも人によって好き嫌いありそうな感じに強烈な個性を放ってておもしろい。
以前からあった店も最初はガレージセールに毛が生えたような(失礼!)感じでそれがまたいい雰囲気だったのが、しっかりとした店構えになっていて、本には詳しくない私が見てもなんとなくそのセレクトに意志を感じるし、3坪くらいの広さしか無いけれどもぐるぐるしてしまう。

目的無くふらりと入ることができて、あまり追い立てられないような場所は必要ですよ。ねえ。

03.April.2013

パーク&パーク

parkandpark.jpg


超・高度利用の高架下。


17.May.2012

東京駅

tokyosta.jpg



ひさしぶりに見た東京駅。復原された姿はけっこうふっくら。

こうしてみると、高層ばかり建って、背景がカーテンウォールばかりなのもどうなの?とおもう。

25.November.2011

阿佐ヶ谷住宅


阿佐ヶ谷住宅


かねてから見ておきたかった阿佐ヶ谷住宅へ。
家の作りや広さ、設備を見る限りは「今から住めるか」と思ってしまうのも無理は無いけれども、敷地と建物の配置、これでもかと言わんばかりにあちこちにある公園があるのを目の当たりにして、子供を産んで育てること、コミュニティを形成することが当たり前のこととして組み込まれてたことを感じました。
居住空間としては現代の生活に合わないだろうけど、それ以上のいろんな要素があって成立していて、その中にはここだから存在している豊かさというのもあるように思います。解体することで失われてしまうかもしれないのだなと。

立ち退きもかなり進んでて、草は伸び放題だし人の気配はほとんどなく、あとは解体を待つのみと言わんばかりの一角もあり、本来の住宅の姿には遠く及ばないのかもしれないけれども、無くなる前に見ることができて良かった。

09.August.2011

屋上遊園地



roof.jpg


超・低空飛行。

 

23.July.2011

視線の高さ

ordrupの信号


ordrup



今回ものすごく感動したのがこの超・ストイックな信号。
コペンハーゲンの郊外、フィンユール邸に行く途中、周囲は林しかないところです。
たいして大きくもない縦長の筐体を、素直にポールに取り付ける。縦長なのは積雪対策かあもしれません。
余計なモノどころか日よけのツバさえもない徹底ぶり(これも上からではなく横から日が差すから、でしょうか)は、時間帯によっては見づらくなるんじゃないか、とも感じるのだけれどもなんとかなってしまっているのはLEDの性能でしょうか。

そして、取り付けの位置が低いこともあってぱっと見たときの遠景に「抜け」があってすごく開いた景色になるんですね。(コペンハーゲンの街中ではそうはいかず、交差点の真ん中に信号が吊してあったりもします。)
信号機に限らず、案内看板についても同じで、「**まで●km」もみんなこの高さ。前に車がいたら隠れてしまうけれども、ほんの少し郊外に行けばそもそもそんなに車は多く走ってない。
見えなくて不便なのでは、とも思うけれども、「そういうものだ」という状況の中ではなんとかなってしまうものなのかもしれません。


でも、速度制限の標識は信号機の高さだったので使い分けているのかもしれません。
形と位置のロジックはものすごく気になります。

 

04.June.2011

GO!

go.jpg


20.May.2011

好きですこの街


戸越銀座



この街は好きですが、もう少し崩れにくそうで、燃えなさそうな家に住んだ方がいいのかな、とは思っています。

26.April.2011

物件報告


toi.jpg


17.February.2011

ミル。

mill.jpg




(棚卸し中)

30.January.2011

信号機

R1.jpg



自宅のすぐ近くの幹線道路の信号機がいつの間にか切り替わってた。
切り替わっていたことに気付かないまま何回かこの信号を渡っていたような気さえします。

幹線道路を渡る細路地なので、いつもものすごく待たされるうえ、見通しが悪くて幹線道路側の信号が見えなかったところに、「待ち時間インジゲーター」が付いたことが嬉しい。



よくみてみると、微妙に形が違っていて、ヒンジの見せ方、「蓋」と「ハコ」のはめ込みあたりにそれぞれの思想が見えてくるようでおもしろい。

16.January.2011

NO PARKING

noparking.jpg


@目黒。



ガス管かなにかが埋設してありますよ、という印に地面に打ち込んでるアレ。だとおもうのですが、コンクリートで基礎作って駐車禁止サインにしてる。
さして違和感も嫌らしさも感じないのは、配色も太さもなんとなく、道端で見覚えのあるからか。

しかしこれ、車の運転手には伝わるのだろうか。

02.January.2011

うさぎ

うさぎ

28.December.2010

年末

nishiki.jpg

14.December.2010

赤


よく見ると、赤も微妙に違う。
消火器ボックスに脚を付けないところにちょっとしたセンスを感じたり。

03.December.2010

地上げ


park.jpg


最上層のレイヤーがコインパーキング@銀座。

28.November.2010

清澄庭園

何しようかアテもなかった日曜日だけど、行ってみたかった清澄庭園へふらりと思いつきでいってみた。
天気もよかったし。

紅葉はピークを過ぎて、寒々しい木もちらほら見られたけれども、何もないところでボーッと空を見てるものたまには良いかと。
でも人はたくさんで、高層ビルはすぐ近くに見えるしで、隔世の感じもなければぜんぜん厳かにならないところは東京なんだなあと思うわけです。

kiyosumi.jpg


スカイツリーがコンニチワ。

26.September.2010

三越

mitsukoshi.jpg



自転車で銀座に行っても置き場に困らなくなった、というのがものすごく嬉しいのです。
わりと走りやすい昭和通りからキュッと入れば歩行者天国にぶつからないし、エレベーターで地下に入ってさっと止めて、すぐに銀座の真ん中。それで100円とはなんと。300円でも使うよ。


考えてみたら晴海通りをちょっと行ったら晴海とか豊洲。そっち方面のマーケットというのは確かに昔はなかったわけで、これも生き残りには必要という解釈もできるわけです。

05.September.2010

お暑うございます。


kagawa.jpg