高山

フィンユール邸の前後に行ってみたのは「やわい屋」。アルプスブックキャンプに出店してて、そこで頂いたチラシの写真に惹かれました。お客さんも結構入ってて、私もあんまり時間がなくて、じっくり詳しくお話を聞くことはできなかったけれども、地元のリトルプレスによると建物は移築されたもので、店主(夫妻)は移住してきたのだそう。 市街地からほんの少し離れたところで、田んぼに囲まれてて、こんな所に何があ…

続きを読む

ALPS BOOK CAMP

今年もALPS BOOK CAMPに行ってしまいました。 去年までとは違って、ほぼ一人。「ほぼ」というのはまあ、行けば誰かいるし、行きだけ一緒みたいなことがあって、一人のようで一人じゃないのですがわりと自由気ままに過ごしてきました。 毎年行ってると、正直いって目新しさもなくなってくるのだけれども、でも本屋は行くごとに何かしら見つけてくるように、飽きることはないです。なによりすばら…

続きを読む

八丈島

少し休みをずらして八丈島に行ってました。 なにか特別な理由というのはないけれでも、行ったことのないところに行きたいとは思ってて、羽田から1時間だし、キャンプ場は無料だし、軽自動車1日3000円で借りられるし、温泉がいくつかあるし、それに「島」というのに根拠の無い憧れがあったし。 2泊3日で、特に計画は立てず、レンタカー屋で貰った地図が頼り。 初日は島内を車を走らせて、スーパ…

続きを読む

印刷工場

昨日は本が好きそうな人たちをかき集めて、印刷工場見学と本屋巡りツアーを敢行。 前に一度やってて、そのときに行けなかった人と行こうという話をしてて、せっかくならばということで興味のありそうな方に声がけしてみたのでした。 それぞれ注目しているポイントが少しずつ違って、それぞれに気付かせるものがあって、いっしょに行ってて面白かった。毎度お馴染み、流浪の番組です。 訪問した本屋も面…

続きを読む

くるみの収穫。

すこし前になりますが、縁あってくるみの収穫をさせてもらいに長野へ。 竹竿で枝を叩いて実を落とし、枝や葉を選り分け実を拾い集め、集めた実の中から種を取り出す。 われわれがくるみの実と呼んでるのはこの種の部分を乾燥させたもの。 大きな実の中から実際に取り出す種は半分くらいの大きさだし、殻を割って実際に食べられる部分はさらにその半分くらい。竹竿で叩く作業からなにから、とにかく効率…

続きを読む

ALPS BOOK CAMP

先週末はALPS BOOK CAMPへ。 出店のお手伝いをしながら丸々2日間。古本をあさって、ビール飲んで、湖ではしゃいで、ハンモックでボーッとして、温泉入ったりとユルユルと過ごしてきました。 ロケーションも何もかもが素敵すぎる。

続きを読む

田植え。

この週末は新潟で田植えのお手伝い。というか大人の社会見学的な何か。 大きな機械も小さな苗も田圃の泥も、実際目の当たりにしてみてはじめて、その感触を何も知らなかったことを実感する。 思ってた以上に頭脳労働的で、一日終わる頃にはくたくたなのだけどこれが心地よい。

続きを読む

空飛ぶ泥舟

連休のあいだ、ふと思い立って見に行ってきました。こちらもほぼ5年ぶり。 清春芸術村から、高過庵を回ってほぼ一日。 空飛ぶ泥舟は守矢資料館の裏手にある高過庵のすぐそばに浮いていました。 前回は完成直後、駅前の市民ホールにあったのですが、小高い森というか畑の中で、林と青空と小鳥のさえずりを背景に、風で揺れてるのがシュールで理屈抜きに良い。

続きを読む

ねぶた

初のねぶた。 高さのある山車というのはいくつも見てる気がするけれど、道幅いっぱいにどーん!と迫ってくるのは初めてかも。 どどどどどっ!と正面から迫ってきてその迫力に「はうっ」ってなったところで、くるっと回転して左に去っていく。すげー。

続きを読む