23.August.2017

高山

yawai.jpg


フィンユール邸の前後に行ってみたのは「やわい屋」。アルプスブックキャンプに出店してて、そこで頂いたチラシの写真に惹かれました。お客さんも結構入ってて、私もあんまり時間がなくて、じっくり詳しくお話を聞くことはできなかったけれども、地元のリトルプレスによると建物は移築されたもので、店主(夫妻)は移住してきたのだそう。
市街地からほんの少し離れたところで、田んぼに囲まれてて、こんな所に何があるのかと思ったら中は器と道具がいっぱい。各地の作家さんを呼んでたりもしてるよう。2階の屋根裏のような、とはいえじゅうぶん広いスペースが古本。写真がないけれどもこの2階のスペースが、適度に薄暗くて、気持ちいい風が抜けてて、すごく良かった。

そしてもう一つ伺ったのは「キナリ10」。木工家具の職人さんが作業場の一角を本屋にしていて、ものづくりやDIYに関連する本をセレクトして置いてます。なんというか、実行する具体的なプランは今のところ無いけれども、なんとなく思い描いてたことを全部やられてしまったようで、悔しさすら感じてしまいます。

木工が盛んな土地ゆえ、車を走らせていれば工房やメーカーも製材所も普通にあって大きな丸太が山積みにされてる風景が普通にみえて、そこには技術を持った職人さんや作家さんがいる。でもって古くて使われなくなった建物が残っててそれを自ら整えて、ということをそれぞれやってて、そういう人たちが横につながってる感じがすごくいい。こういった横のつながりは地方都市で何度か目の当たりにしてきたけれど、高山の場合は木工資源と産業が存在感を放ってるのを感じるし、そういう横のつながりの中にわりと大きな家具メーカーが入ってるのがなんかいい。

行きたいところを数カ所決めただけで、特に計画らしい計画もなく行ってきたのだけれど、行く先々でいろいろ紹介してくれたりもして、これは改めて3日くらいかけてじっくり回りたいと思った次第であります。
at 18:38 | Comment(0) | travel

10.August.2017

ALPS BOOK CAMP

今年もALPS BOOK CAMPに行ってしまいました。

ABC2017.jpg


去年までとは違って、ほぼ一人。「ほぼ」というのはまあ、行けば誰かいるし、行きだけ一緒みたいなことがあって、一人のようで一人じゃないのですがわりと自由気ままに過ごしてきました。
毎年行ってると、正直いって目新しさもなくなってくるのだけれども、でも本屋は行くごとに何かしら見つけてくるように、飽きることはないです。なによりすばらしいロケーションなので、何かを見に行くのではなく、ただぼーっとしに行く感じでちょうどいい。とはいえ時折雨が降るような天候で、あんまりじっとしてられなかったんですが。
普段はSNSだけで何となく知った気になってる方と、年に一度こういう所でお会いする、というのもなんか意味があるんだろうなと思ったりもします。

今年は行かなくてもいいかと思っていたけれども、なんだかんだと行ってよかった。
at 16:20 | Comment(0) | travel

20.September.2016

八丈島

少し休みをずらして八丈島に行ってました。

hachijo_1.jpg


なにか特別な理由というのはないけれでも、行ったことのないところに行きたいとは思ってて、羽田から1時間だし、キャンプ場は無料だし、軽自動車1日3000円で借りられるし、温泉がいくつかあるし、それに「島」というのに根拠の無い憧れがあったし。

2泊3日で、特に計画は立てず、レンタカー屋で貰った地図が頼り。
初日は島内を車を走らせて、スーパーで買った島寿司を展望台で食べて、溶岩砂丘行って、温泉行って、地元の居酒屋に入るという本当にただボーッとしてるだけ。それが気持ちよい。
続きを読む
at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | travel

18.November.2015

印刷工場

printfact.jpg


昨日は本が好きそうな人たちをかき集めて、印刷工場見学と本屋巡りツアーを敢行。
前に一度やってて、そのときに行けなかった人と行こうという話をしてて、せっかくならばということで興味のありそうな方に声がけしてみたのでした。
それぞれ注目しているポイントが少しずつ違って、それぞれに気付かせるものがあって、いっしょに行ってて面白かった。毎度お馴染み、流浪の番組です。


訪問した本屋も面白かったのだけれども印刷工場の現場の話はすごくためになる内容で、品質のためにやってることとかコンマ数ミリ単位の精度でコントロールすることとか話を聞いててすごく納得できるし、印刷通販をあたりまえのように使うようになって、データを送ればあとは機械が全部やってくれる、そういうものだと思ってしまいがちだけれども全然そんなことはないことがものすごい解像度で伝わってきます。
安いのにも高いのにもそうなる理由があるのがわかってくると、作りたいものに対して頼みたいところというのが自然と出てくるし、金額で判断するべきところとそうでないところの判断もできてくるような気がします。

結局このことって、モノは材料とお金だけでできてるわけではないという、言われると当然なことに対して、その製作のプロセスをどれだけ想像できてるか、あるいは肌感覚で身についてるか、ということなのではないかとそんなことを考えたのでした。
材料とお金だけでできてるわけではない、というのは本当にあたりまえのことなのですが、普段はデータを扱ってばかりの私みたいな人間は定期的にこうやってその当たり前のことを再確認しないとだめですね。
at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | travel

14.October.2015

くるみの収穫。

すこし前になりますが、縁あってくるみの収穫をさせてもらいに長野へ。

walnut.jpg


竹竿で枝を叩いて実を落とし、枝や葉を選り分け実を拾い集め、集めた実の中から種を取り出す。
われわれがくるみの実と呼んでるのはこの種の部分を乾燥させたもの。

大きな実の中から実際に取り出す種は半分くらいの大きさだし、殻を割って実際に食べられる部分はさらにその半分くらい。竹竿で叩く作業からなにから、とにかく効率とは対極にある作業が続いてることを実感する。

竿では落とせないような位置にも当然実は付いていて、何としても落とそうと執着してしまうのだけど、自然に落ちてくるから放っておけばいいのだそう。種を取り出すのも、若い実は硬くて出せないのを、なんとか出そうとつい頑張ってしまうけれど、これもそのうち実の部分が腐って出せるようになるので放っておけばいいのだそう。
先月の稲刈りもそうなのだけど、こういうことの蓄積が、思想として血肉化していくのかなと思ったりもする。
at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | travel

01.August.2015

ALPS BOOK CAMP

ABC.jpg


先週末はALPS BOOK CAMPへ。
出店のお手伝いをしながら丸々2日間。古本をあさって、ビール飲んで、湖ではしゃいで、ハンモックでボーッとして、温泉入ったりとユルユルと過ごしてきました。

ロケーションも何もかもが素敵すぎる。
at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | travel

18.May.2015

田植え。

taue.jpg


この週末は新潟で田植えのお手伝い。というか大人の社会見学的な何か。

大きな機械も小さな苗も田圃の泥も、実際目の当たりにしてみてはじめて、その感触を何も知らなかったことを実感する。
思ってた以上に頭脳労働的で、一日終わる頃にはくたくたなのだけどこれが心地よい。
at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | travel

07.May.2015

空飛ぶ泥舟

連休のあいだ、ふと思い立って見に行ってきました。こちらもほぼ5年ぶり。

dorofune.jpg


清春芸術村から、高過庵を回ってほぼ一日。
空飛ぶ泥舟は守矢資料館の裏手にある高過庵のすぐそばに浮いていました。
前回は完成直後、駅前の市民ホールにあったのですが、小高い森というか畑の中で、林と青空と小鳥のさえずりを背景に、風で揺れてるのがシュールで理屈抜きに良い。
at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | travel

16.August.2014

ねぶた

nebuta.jpg


初のねぶた。
高さのある山車というのはいくつも見てる気がするけれど、道幅いっぱいにどーん!と迫ってくるのは初めてかも。
どどどどどっ!と正面から迫ってきてその迫力に「はうっ」ってなったところで、くるっと回転して左に去っていく。すげー。
at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | travel