ル・コルビュジエと前川國男

仕事が切れたタイミングで江戸東京たてもの園へ。

tatemonoen.jpg


コンパクトながら古い図面、手書きのドローイング、再現された図面などなど充実した内容。東京文化会館の断面模型すごかった。そして園内に移築され、常設展示されてる前川國男邸にも入れてすばらしい。
午前中で見終わるつもりが、夕方までしっかり入り浸ってしまいました。

maekawa.jpg


一番使ってるのは新宿の紀伊國屋ビル。ほとんど意識せずに使っているけれど、今はポップアップショップのように使われてる1階の「広場」や中の通り抜けの意図を解説されて面白い。

近代建築の教科書的に、モデュロールの解説を再読して、コルビュジエ設計のサヴォア邸やらロンシャンの教会も見てたら、来年あたりに建築旅行でもしてみたくなってきた。そのモチベーションを保てるかな。

この記事へのコメント