「この10年」

この10年



今日は天童木工PLYの「この10年」展へ。
秋田道夫さんのこの10年を振り返った個展の、オープニングの「立ち話」。以前の写真展のときと同じフォーマット。ちなみに前回はこんな感じ
ひとつひとつのモノは、ハンズや伊東屋や電器屋さんで見ることができるのですが、塊になったときの存在感はまた違ったものがあります。「きれいな展示品」とも違った生々しさがあるのも良いです。
それもさることながら、形を作るのに想像していた使用シーンが、キャプション代わりに壁にチョークで直接描かれているのが良かった。
話を聞いて改めて見てみると、その話の温度が伝わってくるというか、やっぱり「喋りだす」のです。



終わった後は落ち合ったクゲさん、そのクゲさんがコンペキングと紹介してくれた南さん、渡辺さんたちと近くで昼ビール。
コンペのこと、デザインのこと、人生設計(?)のこと、外注先など周囲も含めた会社とのつき合いかたなどなど。
自分とほぼ同世代である(と私は思ってる)彼らの視座が高い次元にあることに感心します。デザインの話をしているのだけども、濃い内容に「自分たちの世代」というのを意識します。同時に自分の有り様についても。
こういう人のつながりは大事にしたい。

この記事へのコメント

  • kobayashi.T

    昨日は、お世話になりました。
    ビールにご一緒させていただいた小林です。
    写真おもしろいですねw
    私も見直しましたが同じ風景が写っていました。

    今後とも、よろしくお願いいたします。
    2009年11月02日 23:34
  • FORM

    Lablogさま

    写真どうもありがとうございます。
    まったく一緒ですね。
    僕は基本、白いシャツに黒いパンツなんですが、
    秋田さんは…(笑)
    変わったのは僕の髪の長さくらいでした。

    気の利いた話はあまりできませんでしたが、
    次回もがんばりますのでどうぞ宜しくお願いいたします。
    2009年11月03日 00:47
  • itooooo

    kobaさま

    こちらこそありがとうございました。
    思い込みかもしれませんが、なんだかテーブルを囲んだあの場に、引力みたいなものを感じました。
    今後ともよろしくお願いいたします。


    FORMさま
    こちらこそありがとうございました。
    狙ってたわけでもなんでもないのですが、撮影した私の立ち位置もほぼ一緒なんですね。
    もしかしたら私も同じ格好だったかもしれません。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    *次回も楽しみにしております
    2009年11月03日 00:51

この記事へのトラックバック