08.July.2017

地元と呼べる範囲は意外と狭い

買い物ついでに少し先まで足を伸ばして、ひさしぶりの多摩サイ、そして日野駅。
橋を渡るとアウェー。というのは普段滅多に行かないからなのだけれども。

駅前のイベントで、東京にしがわ大学で以前一緒にしてた方とひさしぶりに立ち話。それぞれ活動の軸としてるところを変えたことで、思うところはそれぞれ。地元のごく狭い範囲でリスクと責任を引き受けながらやってる活動の話を、当然その中の人間関係は濃密になってるだろうとおもいながら聞いてました。

大きい枠組みでやることにはそれだけ影響力もあるし、いろんなメリットもあるのだけれども、どこかビジネスライクになったり、事務的な作業も生まれれば把握し切れない範囲も出てくるし、場合によっては「すべてがアウェー」みたいな事態にもなりえる。そういう把握してないことに対しても、主催側としての振る舞いを求められたりもして、それをつらく感じる人も中にはいたりもする。同じ趣味の集まりがスピンアウトしてできて、そっちの方が熱量を持ってたりするのって、把握できる範囲で純粋に楽しんでいたい、ということが半分くらいは無意識に働いてるんだと思う。そういう組織の細分化は宿命みたいなものなのかもしれない。

ここに限らず、数年前の同じ時期に同じところで活動してた人たちが、なにかのきっかけでそれぞれ自分の「地元」と呼べるところ、半径数百メートルくらいの範囲でやり始めてるのが面白い。
これだけを切り出すとにしがわ大学の活動は失敗だったのかと思われるかもしれないけれども、それがなければそれぞれ個々の活動も生まれないし、培ったノウハウも生かされてるし、東京にしがわ大学だってメンバー入れ替わって続いてる。そういう事例を目の当たりにすると、これって失敗ではなくそれぞれが「卒業」しているというただそれだけのことじゃないかと、そんなことを思いました。
それに何より、何もないところから立ち上げたことは偉大ですよ。

24.June.2017

国立うちわ市

ひさしぶりに国立。近いんだけどなかなか行かなくなった。

uchiwa.jpg


国立本店に関わってた頃はよくお世話になってたギャラリービブリオでうちわ市。これとゆいさんのかき氷が始まると夏だなあと思う。

22.June.2017

三笠


mikasa.jpg